« 恐怖のフランス語( ´,_ゝ`)=3 | トップページ | バンビちゃーん »

2006年7月19日 (水)

生きてます。・゜( ´□`)゜・。

朝ベッドで熟睡してたら…
「ピーピーピーピー」と大きいアラームのような音が聞こえて来ました。
寝ぼけた頭で『ん?なんじゃ?うー。目覚ましか?…けどこんな強烈なアラームうちにあったっけ』と。。
なになに?ニャンだー?
うつろなまま音のする方へ向かいました。
そこにはダンナがつったって「ガス警報器がなった」と言ってました。
意識が急にピーンと戻った私の鼻に入って来た臭いは強烈なガスの臭い。
「なんでガスもれてるの!!-_-; 何かした?」と焦って聞くと
家の中でスプレー缶のガス抜きをしたと言うじゃないか!それも…な、なんと5、6本も!!
おまけにコンロを見たらお湯を沸かしてる状態で青々としたガスの火がついているの(`_´)!
[こ、こんなに警報が鳴ってる時に、、ひ、火を消せぇーー]状態ですよ。
引火したらどーすんねーん!爆発ぢゃよー!
バカバカバカーッ。
吐き気する臭さにリビングの空気清浄器は一番ピークのオレンジレンジ(オレンジ色は一番臭いや汚れを感知した色)になってました。
私は急いで警報器のスピーカー部を手で押さえました。
近所に響き渡るような音がほんの少しマシになった瞬間
次は連動してインターホンから「ガスが漏れています。ガス漏れです!」と家中グワングワンと響くように繰り返し話し始めました。
や、やめてぇーー!
色々なボタンを押してインターホンからの声を消せたものの、30秒位したらまた「ガス漏れです!…」と。
このまま時間が過ぎたら最後にはマンション中の警報音が鳴る勢いですよ、どーする!
「どっか連絡してぇー!」と叫ぶ私。
この間ダンナはつっ立ってた(о_о)気がする。キィー。
警報器のスピーカー部を持ってもらい、私は緊急連絡先に電話をかけました。
すぐにつかまらず最後は管理会社に電話し警備会社さんが来てくれました。
早く来てくれたのにはびっくりしました。
あぁ、あぁ、アリガトウ・:*:・(*´ー`)アリガトウ。
管理室の警報ブザーを解除してもらいガスの元栓をリセットしてもらい何とかうちだけの騒ぎですみました。
(警報器のピコピコ音は絶対隣にも聞こえてたはずだが)

何とか音は消えたけど部屋はメチャ臭い臭い。
ダンナには二度と家でガス抜きしないと誓わせました。
この日6時に家を出る予定だったダンナは逃げるように転がるように家から去りました。
「玄関強烈に臭い!異臭騒ぎって言われそう」と言葉を残して…(´ゝ`)
おーい、また警報器鳴るんじゃないのー?
多分大丈夫と言ってたらしい警備会社さんの「多分」にかなり引っかかって…
一人で居るときに警報器が鳴り一人で警報器を押さえまたインターホンを止め管理会社に電話する、
おまけにマンション中に警報が鳴り近所から迷惑がられる…と言う恐怖のシナリオが浮かびました。
朝ご飯食べずに私もすぐに逃げるように家を出ました=3
今日はパソコンメンテナンス日で私のオシゴトも休みだし逃げちゃいました。
あれからどうなったんだろうか…
多分大丈夫、と言ってくれた言葉だけが頼り。
このブログは毎回携帯から送信してます(^_^)只今まだ外出先からモブログしてます。
近々その後の異臭騒ぎをご報告します。
今もまだあの異臭がすぐに浮かぶワタシでした。。はぁ…生きてて良かったよ。

« 恐怖のフランス語( ´,_ゝ`)=3 | トップページ | バンビちゃーん »